2015年12月12日土曜日

先生診察とリハビリ【2015年11月26日(木)】

11月5日と17日のリハビリの記録が抜けてしまいました…
スミマセン!
調子が悪かった訳ではなく、変化がなく地味だったので
文章にするのが難しかったのです(汗)

久しぶりに先生の診察です。
まずまっすぐ腕をあげる動作と、斜め前方から腕を上げて耳の横につける動作をやって可動域のチェック。
そして腕を背中に回して、手のひらで肩甲骨を触る動作をやりました。
左手なら肩甲骨を触れるのですが、
右手だと手のひら1個分ぐらい届きません。
多少の痛みもあってちょっと嫌な感じでした。
左右で比較すると手術をした右手は少し可動域が狭くなっている感じですが、
先生によると問題のないレベルで、この手術をした場合仕方のないことだそうです。
そしてその部分がこの手術方法の課題でもあり問題点でもあるとおっしゃっていました。
力を込める動作や車の運転なども、許しが出て日常生活の中ではほぼ制限がなくなった感じでした。

そして診察後にリハビリ室に移動してリハビリです。
今まではストレッチ的な動作が多かったのですが、
今日からは筋トレの要素も入ってきて、
あたらめて手術が終わって結構時間が過ぎたんだな…と感じました。

そして診察でも硬いと言われた、肩甲骨を触る動作をやりました。
その他は可動域のチェックと言う感じで、
腕をまっすぐ正面に上げる動作、
前習えの姿勢から腕を外側に向かって開いていく動作をやりました。

今までのストレッチ的なものに加えて、
うつ伏せになって肩を上げる、少し筋トレっぽい動作もやりました。
これが結構キツイ。
手術後、力を入れるような動作は全くやっていなかったので、早くも汗が…!
でも、力を入れる動作も少しですが出来るようになって、
本当に安心しました。



0 件のコメント:

コメントを投稿