2015年12月18日金曜日

思い返して。【2015年12月18日(金)】

年末ですね~
今日は鶴見に打ち合わせに行った後、
関内のお客さんに年末のご挨拶へ。
日常生活レベルではすっかり元気になっています。
寒さも手伝ってかサーフィン熱はすっかり冷めてしまいました(汗)
全くサーフィンをやりたいと思わない今日この頃です。

前回の更新から診察もリハビリもないのですが、
思い返してみて、これから手術を受けるか迷っている方たちに、
手術をしたからこそお伝え出来ることってなんだろう…と考えています。

やっぱりみんなが気になるのって術後の事だと感じています。
まず、仕事については職種にもよると思うのですが、
1か月間は使い物にならないと考えた方がいいと思います。
腕は吊ってバストバンドで止めているだけですが、ギブスをしてるのと同じ状態です。
ここは念押しをされました。
「ギブスをしていると思ってください!!!」と。
痛みもあると思うので、やはり仕事への復帰へは1か月位かかると思っていた方がいいと思います。
自分は術後1か月はほぼ引きこもっていました。

自分としては夜寝るのがキツかったですね〜
腕を固定した状態で横になるのは、
関節技を決められているようで、痛みがあり寝返りも打てず…
不愉快な事この上なしで、眠りも浅く細切れ睡眠でした。
しかも導尿をした影響なのかトイレが近くなり2時間おきぐらいにトイレに行っていました(汗)
今は元に戻りましたが…(笑)

手術直後の記事に上半身を少し起こして寝るとラクだと書きましたが、
家でその状態が作れる方は是非試してみてください!
自分は結構ラクに感じました。

そして!しんどいのは着替えです。
自分は9月の初旬に手術をしたので、
まだまだ暑いじゃないですか!
固定している右腕脇の下からは汗が流れて常に湿っぽいし(汗)
かゆいし、汗臭いし(汚い話でスミマセン)
家では上半身裸で過ごして(笑)
出かける時は、左腕だけ袖を通してTシャツをかぶっていました。
みんなの視線が気になりましたよ…
冬に手術を受けていたら、裸って訳にはいかないですよね。
着替えのストレスの事を考えたら、暑い季節の方が薄着な分だけラクなのかな…なんて思います。

バーっと思いついたことを書いてみましたが、皆さんの参考になったらいいのですが…。

また今後、思いついたら書きたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿