2015年10月14日水曜日

徳洲会病院を受診【3・MRI撮影の結果】

2015年6月8日
MRIの結果を聞いてきました。
簡単に言うと自分の肩は、
・簡単に脱臼してしまう状態。
・腕の骨も損傷している。
・腕の骨の受け皿となる部分が損傷してる。
が診断の結果で、損傷の部分については複数回脱臼した人のほとんどに見られる症状だそうです。
もう筋トレで予防だとかそんなレベルではないと…。
※部位の名称については割愛します。なんか難しいので。

そして今後なんですが、思いっきり動かしたいのであれば内視鏡での鏡視下バンカート修復術。
手術でなければ脱臼と上手く付き合っていく…。
(自分の場合は日常生活には支障がないレベルらしいので。
そして「簡単に脱臼するわけですから、簡単に入りますよ~!」とありがたいお言葉も頂戴しました…)
この2択が先生の意見でした。

手術の場合は、手術後の固定が約1ヶ月。そしてリハビリに約2~3ヶ月。
手術後の固定期間にはパソコン操作も難しいとの事なんで、
仕事のが出来ないってことですよね~フリーの身分としてそれは厳しい…。
かと言って、常に肩を気にしながら遠慮がちにサーフィンするような状況もキツイですし、
いつ脱臼してもおかしくない肩で海に入るのは危険すぎる…(汗)

しかし徳洲会病院では肩の内視鏡手術はやっていないとの事。
どこでも紹介状書きますよと言われても…。

どうしたもんですかね~?


0 件のコメント:

コメントを投稿